磁石義歯

磁石義歯(マグネットデンチャー)とは

義歯が比較的外れないようにするのが磁石義歯

口腔内に残っている根に、金属をいれ、義歯(入れ歯)の中に入った磁石と吸着させ、義歯(入れ歯)が外れないようにするのが磁石義歯です。
力を入れて噛んだ時に磁石装置による磁力でしっかり噛めます。

この磁石装置はこの20年来、医科歯科大学と愛知製鋼の共同研究で臨床試験を重ね、安全であることが確認されて平成6年に厚生省認可を得、一般臨床で急速に使用されるようになったものです。
昨年末までに製造元の愛知製銅では140万個をつくりました。

当院でも平成8年に臨床に導入以降多くの症例を重ね、良い結果を得ています。
磁石義歯はある程度の骨で支えられている歯根の存在が必要です。外科処置は必要ありません。

ただし、磁石義歯は単純な治療ではなく技術的にかなり慎重な配慮が必要な治療法の一つです。私達も十分な時間を確保して治療にあたります。
精密義歯全てに言える事ですが、より良い義歯はまず十分な時間を確保して治療を行うことがより良い義歯作りの根本であると私は確信しています。

名古屋駅から1番出口すぐ

〒450-0002
名古屋市中村区名駅2丁目45-10
川島ビル4F

大きな地図で確認

入れ歯net

自然に見える入れ歯について

デンターネット