金属床義歯

金属床義歯の利点と特徴

  • プラスチックの義歯(入れ歯)より薄い義歯(入れ歯)
  • 腔内の舌があたる部分が金属でできている。口腔に金属があると痛いのではないかと心配する人がいるがその心配は無い。口腔に金属があると痛いのではないかと心配する人がいるがその心配は無い。むしろ違和感は少ない。バネ以外口腔内金属は見えない。
  • おいしく食べ易い、味わいやすい、発音もしやすい、感覚が良い入れ歯
  • 金属部分は丈夫なので薄くても割れにくい。
  • 精密にできているので歯や歯ぐきに適合が良い。違和感がない。
  • 装着後数年後に弱い歯が抜けたりした時に歯を足すなどできるように、複雑な設計を立てておき易い。入れ歯の歯(人口歯)がとれたり、金属のバネが破折しても修理ができる。
  • バネのかかる歯が1本もない総義歯・総入れ歯でも咬み合わせを精密に調整することにより、吸着の良い義歯をつくることができる。
  • 嘔吐などの理由で、上アゴの金属部分を大きくくり抜いた入れ歯にも可能(ただしこの場合は軽く精密なチタンが最適)
  • 金属床義歯は、コーヌス義歯(茶筒式義歯)、磁石義歯、審美義歯などすべての義歯に利用することができ、それぞれの義歯の使い心地を一層向上させることができる。
  • 金属床義歯は現在コバルト・クローム床、チタン床が主流。

名古屋駅から1番出口すぐ

〒450-0002
名古屋市中村区名駅2丁目45-10
川島ビル4F

大きな地図で確認

入れ歯net

デンターネット

自然に見える入れ歯について