義歯・入れ歯とは

義歯装着後の注意

大切なのは練習と慣れです。

食事練習
最初はやわらかい物や、小さく切った物を奥歯でゆっくり噛んでください。左、右と両側均等に噛むようにしてください。だんだんかたい物、大きい物と一つ一つ段階を経て練習を続けることが大切です。
発声練習
初めのうちは話しにくく、自分の声でないような感じもしますが、すぐに慣れてきます。まず、発音しにくい「サシスセソ」「タチツテト」などの発声練習をしましょう。大きな声を出して、新聞や本を読むのも早く慣れるための練習方法です。はっきり言えるようになるまで繰り返し続けてください。さらに、練習中鏡の前で顔の表情を観察してみるのもいいでしょう。

大切に扱うことが一番です。

  • 不必要に唇、舌等でいじらないようにしましょう。
  • ヤスリでけずったりペンチで曲げるなど、自分で調整しないようにしましょう。
  • はずしたときは、水の中に入れましょう。乾燥すると、ゆがんで合わなくなります。
    また、寝るときは、義歯洗浄剤に一晩浸すことが最良です。消毒し、清潔な義歯(入れ歯)を保ちましょう。
  • 硬いものの上に落としたり、熱湯をかけたり、火に近づけないようにしましょう。割れたり、変形したりします。
  • 洗う時は、落としてもいいように低い位置でしましょう。水をはった洗面器やタオルを敷いた上で洗うのもよいでしょう。

定期検査は必ず受けましょう。

義歯(入れ歯)は人によって形がちがうものですから、落ち着くまでに何回か微妙な調整が必要となる場合があります。
また、私たちのアゴの形は、常に少しずつ変化しているので、義歯(入れ歯)もそれに合わせて調整しなければなりません。
ゆるんでガタついた入れ歯をはめていると、不便で見た目が悪いだけでなく、アゴの骨を保護する上でもよくありません。
このようなことから、1年に1度か2度は必ず定期検査を受けてください。

  • 入れ歯があたって、歯ぐきが傷ついている
  • 舌や頬の内側をよく噛む
  • 食物が非常に噛みにくい
  • 極端に発音がしにくい
  • 食事中や会話の途中で義歯が落ちる

などの場合はすぐにご相談ください。

名古屋駅から1番出口すぐ

〒450-0002
名古屋市中村区名駅2丁目45-10
川島ビル4F

大きな地図で確認

入れ歯net

デンターネット

自然に見える入れ歯について